名古屋で高収入アルバイトをお探しの女性の方へ!名古屋の高収入デリヘル・風俗求人は宮殿グループ

menu

名古屋 風俗デリヘル女性高収入求人|宮殿グループ

服にカレーがコーヒーが!「水でトントンは避けたい」シミ応急処置2種

herunterladen

春といえば、“白ファッション”が着たくなる季節。せっかく新調した白ワンピースが、外出先での食事中に、赤ワインでシミになったり、コーヒーをこぼしてしまったりしたら……気分は最悪でしょう。

一度ついた汚れは、帰宅してから洗濯しても、手遅れになる可能性が。ハンカチやティッシュでポンポン叩いただけで安心していた人は要注意です。

特に汚れが目立ちやすい春物ファッションを安心して楽しむためにも、応急処置は知っておくべき! そこで今回は、美容ライターの筆者が、外出先でのうっかりつけてしまった汚れの対処法をご紹介します。

 

■1:赤ワインやコーヒーなど、水溶性のシミには炭酸水

食事が盛り上がると話に夢中で、手元のグラスをこぼしてしまうことありますよね。赤ワインやコーヒー、醤油などは、水や洗剤で落ちやすい“水溶性”の汚れに分類されます。

おしぼりやティッシュでポンポン叩くだけでは薄まったように見えて、汚れを広げてしまっているかも。

ここで紹介する応急処置は、レストランやカフェなら置いてあるであろう“炭酸水(無糖)”を使用する方法です。

乾いたティッシュやハンカチをシミの裏に当てて、炭酸水を含ませた布でシミ部分をトントン叩きます。すると裏に当てた布にシミが移るように落ち始めます。この時に擦ってシミを広げないように気をつけてくださいね。

 

■2:カレーや口紅など、油性のシミにはクレンジングオイル

上記の水溶性のシミに比べて、“油性”のシミは油分を含んでいるので、水で落とそうとすると汚れが繊維に染み込んでしまったりと厄介です。

例えばカレーやチョコレートのような固形物がうっかり付着した場合は、すぐさま取り除くことが大事。残ったシミには、“クレンジングオイル”で応急処置すると効果的です。

水溶性のシミと同じように、裏に当て布をして、クレンジングオイルを付けた布でトントン叩くだけ。もしも無い時は、トイレに置いてある石鹸で代用もできます。

できればこの後、その場でシミ部分を水洗いしたいところですが、難しければ水で濡らした布で同じように叩き、汚れを抑えてください。

 

衣類についた汚れはとにかく「早く」「広げない」応急処置が鉄則。放置したままでいると、落ちる汚れも頑固にこびり付き、落ちなくなってしまうので気を付けたいですね

www.storymania.ch herunterladen elster word apps kostenlos picasa gratis downloaden windows
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

女の子にインタビュー
体験入店レポート
卒業していった女の子の声